有楽町デートはガード下とダーツバーを使いこなせ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

JR・東京メトロが乗り入れる有楽町駅周辺は銀座からほど近く高級感のある店も多い一方で、ガード下に昔ながらの風情のある居酒屋も魅力的なエリアです。ナンパスポットとして有名なコリドー街も近く、20代・30代のサラリーマン世代であれば週末に出かけることも多いのではないでしょうか?

しかし、有楽町駅周辺でどう女性を攻略するかは選択肢も多く悩むところ。。東大卒の筆者は有楽町駅付近の広告会社に勤務しており、幾度となくこのエリアで飲んできましたが、その中で有楽町デートの「勝ちパターン」を見つけました。ポイントは「ダーツバー」をうまく活用することです。その理由とは…?

♡この記事でわかること♡

①おしゃれ?汚い?有楽町での戦い方

②二次会の場所は3つは考えておく

③ダーツバーを最大限に有効活用!

①おしゃれ?汚い?有楽町での戦い方

有楽町は不思議な場所、銀座の華やかさとガード下の雑多さが入り混じった場所です。

この駅待ち合わせでデートとなった場合、最初に気にすべきは「華やかな場所で飲むか」「汚い場所で飲むか」問題です。銀座方面に向かうことを期待してデートを承諾したのか、それともガード下の昭和な雰囲気の中で日本酒を交わしたいのか、それによってどちら方面のお店の予約を取るかは変わります。

しかし相手がよほどの港区女子でもない限り、オススメはガード下です。必ずしも雑多な雰囲気のお店でなくとも、有楽町からコリドー街に向かう方面にかけては左右に様々なお店に並びます。相手に合わせたお店選びができる上に、二次会への移動も非常にスムーズになるため、銀座方面で飲むよりもスピード感のあるデートをすることができます。

一次会のオススメとしてはコリドー街手前の魚河岸 魚◯本店。いかにも「ガード下」という雰囲気のお店ですが、新鮮な魚介類を扱った料理も多く、日本酒が進むこと進むこと。二次会をすっ飛ばしてクロージングに持ち込んでもいいのでは?というほど長居できてしまうお店です。恵比寿横丁にも同じ系列のお店があるので、知っている方も多いかもしれませんね。

②基本戦略は「高回転」

上の段でも軽く触れましたが、有楽町での戦い方の基本は高回転・ハイスピードでお店を切り替えていくこと。せんべろとまではいきませんが、これだけ色々なお店が立ち並んでいますので飲みたいお酒に合わせてお店をテンポよく変えていきましょう。

一次会に長居しすぎると、「じゃあそろそろ…」とそれだけでデートが終わってしまうことも。店を一回二回変えてはしごするのが有楽町では当然、というスタンスで話を進めましょう。

コリドー街を有効活用

また、話をなかなか恋愛方面に持っていけないという場合は、コリドー街に向かうといいでしょう。当然飲む場所が多いのは有名ですし、「ナンパスポット」としての話題に至るのは当然のこと。

ナンパスポットの話を引き合いに出しつつ恋愛関連の話に徐々にフェーズさせていきましょう。単純に他のサラリーマンがナンパに明け暮れる姿を見に行っても面白いのでは?他の男にナンパされないよう、近くにいて…という雰囲気は距離を近づけるきっかけになります。

細かいお店について下記の記事もご覧ください。

③ダーツバーでクロージング

飲みを明かしたとしても、より距離を近づけ、あわよくば口説き落としたい…そんな時にオススメの場所が「イニングダーツバー Bee 有楽町店(以下 Bee と表記)」をあげます。このお店がオススメの理由は下記の3つです。

  1. 場所が非常に便利
  2. 店員との協働でお酒が進みやすい
  3. ダーツゲームで距離が縮まる

 1.場所が非常に便利

Beeは有楽町駅からコリドー・新橋方面に向かう途中の晴海通り沿いにあり、東京メトロ銀座駅・日比谷駅からもすぐの場所に位置しています。有楽町付近のどこで飲んでいても向かいやすく、終電まで遊ぶ場所として説得もしやすいところ。

移動してくるにも、これから移動していくにもぴったりの場所ですので、

2.店員との協働でお酒が進みやすい

エレベーターで上った先のビルの8階にあるBee、店内に入り向かって右側はガラス張りとなっておりキラキラと輝く窓下をみおろせる抜群のロケーション。店内の程よい薄暗さと高級感と相まって、女性に非常に好印象を与えます。

また、このお店の店員は非常にテンションが高く、乾杯の時に異常なハイテンションで盛り上げてくれたり、ダーツをしていてもオススメの遊び方を教えてくれます。デートでダーツをすると一瞬間延びする瞬間もありますが、店員さんをうまく活用しつつ遊ぶとその心配は無くなります。

他のカップルと合同でダーツ対決をしませんか?という提案もあるので、複数人でワイワイ遊びたい時には誘いに乗ってみるのも1つの手です。

3.ダーツゲームで距離が縮まる

 ダーツゲームはやったことのない女性でも慣れればすぐ当たるようにはなるので、01・クリケットなどを中心に進めると楽しく遊べることでしょう。この時「負けた方はテキーラ一気」などのルールを設定しておくと酔いも進みやすくゲームも一層盛り上がります (もちろんお酒をある程度飲める子ならですが)。

いい得点が決まればハイタッチするなど、ボディタッチの機会も多くなり、お酒も進めば物理的距離も間違いなく縮まります。ダーツをひとしきり遊んだら、本格的に口説き、そこからどこに移動するか(飲み直すのか、家に行くのか…)を決定しましょう。この一連の流れをどうこなしてきたかによりますが、成功率はかなり高いはずです。少なくとも筆者的には割と確度高めです。

ぜひ「ガード下」からの「ダーツバー」作戦、活用してみてください。ちなみに、この作戦がハマった時の女の子との出会いのきっかけは「with」でした。非常に良いアプリですので、ぜひ下記の記事もチェック知ってみてください。

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*