東大生が一ヶ月使って気づいたアプリ「Swish」が出会えない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

「Poiboy」で女性とのやり取りに成功し、実際に出会えていた東大生筆者、8月に同じ運営会社からリリースされた「Swish」には大きな期待をしていました。別記事でも紹介していますが、Swishは男性側が用意したデートプランを女性側が選び、申し込みをすることでメッセージのやり取りができるようになるマッチングアプリ。

リリース後すぐに無料会員登録、デートプランへの申し込みも多く「あれ?これモテモテになれるんじゃ…?アーリーアダプターってやつじゃ…!?」と期待に胸を膨らませて有料会員に移行したものの、現実は非情でした…。

今回、Swishを実際に使ってみたことで見えたそのデメリットについて、紹介いたします。

♡この記事でわかること♡

①Swishは「出会えない」サービス

②Swishの問題点

③Swishよりオススメなサービス3選

①Swishは「出会えない」サービス

Swishのコンセプトは「女性の願いを男子が叶える」というもの。男性側が登録したデートプランを女性側が見比べつつ選ぶというシステムはなかなかに女性優位…パパ活も捗りそうなサービスです。筆者は8/21にiOSでリリースされたのをいち早くキャッチし、8/25には有料会員となって「Swishは出会えるサービスなのか」を検証しました。

※Swishの機能に関する詳細な記事は下記をご覧ください

ただ、結論から言うと、Swishでは全く出会えません。それどころか、メッセージのやり取りすらほぼなく、女性側がこのサービスを真面目に使っている様子も皆無です。もしSwishへの課金を検討されている方がいれば絶対にやめた方がいいと言えます。

②Swishの問題点

Swishにはいくつかの面で問題点があり、それらが理由となって活発なメッセージに繋がらず出会えなかったと考えられます。筆者の考える問題点は下記の通りです。

2-1.デザインが雑で機能がわかりにくい

まず、Swishはサービスそのもののデザインが非常に雑で、使っていて違和感が生じるほどです。メッセージのやり取り画面でのメッセージのデザインが非常に稚拙で安っぽくなっているという見た目の問題はもちろん、お相手のプロフィール画面にはどこからとべるのか、「おさそい機能」がなんなのか直感的にわかりにくかったりと、UI/UXの設計が非常に甘いと言えます。

個人的には「with」などのサービスはデザイン性に優れており、初めて使う方にも使いやすいようチュートリアル(若干長いものの笑)も充実しています。そういった他サービスに比べるとかなり質が悪いと言わざるをえません。特に女性はアプリのデザイン・操作性に違和感を覚えると離脱率が非常に高くなる為、実質的にこのサービスを使い続けている女性はかなり少ないのではないでしょうか。

Poiboyではデザイン面でそこまで強い違和感を覚えなかったので、これに関してかなり残念です。

2-2.☆を積極的につけてくれる子はいない

Swishでは自分のデートプランに☆1から☆5の範囲でレーティングをつけた上で申し込みがきます。無料会員状態だと☆5でない限りレーティングの詳細は見られません。ですので、無料会員時にたくさんついた☆は☆3や☆4が結構多いのでは?と考え有料会員になったのですが…

実際に有料会員になると☆1ばかりでした。もちろん筆者のデートプランが魅力的でなかった部分もあるとは思いますが、それにしてもあまりの低評価にびっくりしました。そういった子にも一応挨拶のメッセージは送るのですが、やはり返答はなし。あまりにもやる気のない女の子ばかりで構成されていることがわかります。

ちなみに筆者が一ヶ月使った段階での☆の数の内訳は下記の通りです。

  • ☆1 : 35
  • ☆2 : 0
  • ☆3 : 9
  • ☆4 : 2
  • ☆5 : 6

このうち、メッセージのやり取りが一回だけ続いたのが☆5の子で1人、☆3の子で1人でした。(すぐ途絶えましたが)

女の子のレベルが低い

メッセージのやり取りはできていないものの、レーティングを一応つけてくれた子や「お誘い」(男性側からデートを提案できる機能)で表示される女性について見ていると…大変失礼ながらかなりレベルが低い印象を受けます。

筆者が他に使っているサービスとしてはペアーズ・Omiai・with・mimi・タップル誕生・Tinderなどがありますが、可愛い女性の絶対数はSwishが圧倒的に少ないと言えます。ペアーズやTinderはもちろん玉石混交ではありますが、そもそものサービスの利用者数が圧倒的なので、しっかりと利用すれば素敵な女性と出会える可能性は高いと言えます。Swishに関してはその望みもありません…。

③Swishよりオススメなサービス3選

ここまでSwishの問題点についてしつこく(笑)紹介してきましたが、改めて結論から言うと、Swishを今利用するメリットは男性にはありません。もちろんこれからサービスの改善が進むことでユーザー数が増加し、魅力的なアプリへ成長する可能性もありますが、今は間違いなく様子見すべきです。また、こういった状況ではアプリ上にはいステータスな男性はほぼいないと考えられますので、女性からしてもそれほど魅力的なサービスではないでしょう。

Swishを使うなら絶対こっちを利用したほうがいい!というサービスを下記に3つ紹介しますので、「Swishちょっと気になっていたけど…」という方はぜひ代わりのサービスとして参考にしてみてください。

with

Swishのデザイン面に触れた際にも引き合いに出しましたが、メンタリストDaiGo監修のサービスとして知られているwithはデザインが非常に優れており、女性ウケがかなり良いサービスと言えます。また、心理分析や定期的なイベント開催など女性が喜ぶポイントが抑えられており、

筆者が実際に利用したところ、マッチング率・メッセージ率が非常に高く、また可愛い子の割合もかなり多いと感じました。今オススメするなら間違いなく「with」です。

ペアーズ

マッチングサービスといえばやはりペアーズ。日本最大のユーザー数を誇る恋活サービスである同アプリは安心感も強く、女性内での認知度も高いため非常にオススメです。

また、今回筆者がオススメしている理由としてはペアーズで会った女性にパパ活志望の子が2人いたからです。人気サービスである分男性の登録者のステータスも幅広く、女性からしたらそういった目的でも使いやすそう。Swishが気になった方には刺さるポイントかも?

タップル誕生

サイバーエージェント運営の「タップル誕生」は若い男女を中心に利用者数が急増しているマッチングサービスです。婚活・恋活目的というよりは異性の友達探しで利用している方が多いので特徴です。

可愛い子が多いという評判の割にはかなりレベルにはばらつきがある印象ですが…大学生の年代の利用者も多いので、そういった年代の異性と出会いたい方にオススメです。

今回の記事ではSwishを実際に有料会員として使った上での体験談・そこから見えたSwishの問題点について言及しました。もちろんこれからサービスの質が向上することを願ってはいますが、当面は他のサービスを利用したほうが良でしょう。現場からは以上です。

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*