看護師の結婚は前途多難!東大生がナースの悩みを徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

看護師といえば多くが女性、彼女たちに対しては「白衣のナース」のイメージがある一方で、昼夜問わず働く非常に激務な職業であるということも広く知られています。

そんな彼女たちは基本的に女性社会であることもあって、結婚はおろか、出会いもなかなかないということも。YAHOO! 知恵袋にも「看護師 結婚」にまつわる不安・悩みは実に18,000件超寄せられており、その悩みの深さが伺えます。

筆者は実際に間女子の女性と付き合った経験もあり、その結婚観についても知る機会がありました。そこで、今回は自身の経験と口コミ・評判の分析を通して看護師の方の結婚・出会いに関する悩みをどうすれば解決できるのか、検証してみました。

♡この記事でわかること♡

①看護師の出会いの悩みあるある

②看護師の結婚の悩みあるある

③看護師の悩み解決法

④看護師にオススメの結婚相手

①看護師の出会いの悩みあるある

看護師は基本的に女性社会、結婚以前にまず出会いがない!という声はよく耳にするところ。具体的にどういった悩み・不満があるのか、チェックしていきましょう。

1-1.やっぱり、女性ばかり

看護師はその多くが女性、もちろん男性看護師もいないわけではありませんが基本的には女性社会です。職場の同僚のほとんどが女性という状況では、なかなか出会いは期待できません。

医師との交際は少なめ?

女性
私の知り合いのお医者さんの中には、看護師さんと結婚する人少ないです。
女性
私が以前働いていた病院は結構大きな総合病院でしたが既婚医師と独身看護師の不倫はざらにありましたよ!

看護師が職場で出会う男性として「医師」が挙げられます。ただ、医師との交際は職場の人間関係を悪くする懸念があったり、恋愛対象として見れない(筆者友人談)といった理由から避ける向きが強いそう。また、たとえ付き合ったとしても不倫・遊びの関係であることも多いとの口コミが多く、あまり健全な付き合いとはならないようです。

1-2.恋活・婚活の時間が取れない

女性
こんにちは。4月から看護師をやってる20代の女性です。地元で一番大きく忙しい病院で働いています。働いてから3ヶ月が経ちました。毎日つらいです。きっとみなさんもそうだと思います。朝7時に出勤、21時に帰宅、残業代はもちろん出ません。1人の先輩に必要以上に恐ろしい言葉で指導されます。
女性
交替勤務で働いていると、兎に角残業も多いし外に出る機会が減ります。病院の寮と言う大変恵まれた住居もあるのですが、職場と寮の往復ばかりすることにもなるので、本気で出逢いが減ります。

看護師の勤務スケジュールとは一般的な社会人のスケジュールとは全く違っており、また仕事内容もハードであるためなかなか婚活・恋活の時間を取ることができないようです。寮住まいの方が多いのも、その状況に拍車をかけているようですね。

1-3.独り身でも充実する

女性
結婚している看護師さん、たくさん知っています。ただ経済的な面で言えば自分ひとりでも十分食べていける職業なので、自由を満喫したかったり仕事にひたすら邁進したかったりすれば結婚しない道も有りでしょうね。

看護師は一般的な男性と変わらない程度の収入を得ることができるため、趣味に費やすお金に困ることはありません。看護師の同僚と仲がよかったら遊び友達に困ることなく、独り身でも充実した生活を送れるようです。そうしているうちに結婚適齢期を過ぎてしまい…というケースも。

②看護師の結婚の悩みあるある

男性
日本看護協会の「看護職員実態調査」をみると、「25歳〜29歳」の女性の未婚率は75%です。一般女性が59.9%ですから、看護師という職業がいかに結婚しにくい職業であるかが分かると思います

次に、看護師の結婚事情についてチェック。

25〜29歳の一般女性の未婚率に対し、看護師の場合はかなり未婚率が高くなっており、「看護師は結婚できない」という現状ははっきりしています。もちろん望んで独身を選んでいる方もいますが、「結婚後の生活が不安」である為結婚を避けているケースもあるよう。

看護師の方は結婚に一体どんな不安を持つのでしょうか?口コミを検証してみましょう。

2-1.夫婦の生活ががすれ違う

女性
看護師って離婚率高いとよく聞きますが、やはりそうでしょうか?忙しいことからのすれ違いや、経済的に自立出来るため離婚に躊躇がなくなるのかなと思いました。
男性
自分は団体職員(24)で、看護師の彼女(23)がいます。自分は一般的な勤務時間ですが、彼女は看護師ということで僕から見たら不規則な生活リズムです。(中略)僕が今悩んでいるのは時間がうまく合わないことです。

看護師は三交代制という特殊な勤務体系の為一般的な勤務スケジュールとは全く異なってきます。夜勤もある為、普通のサラリーマンと結婚した場合にはなかなか一緒の時間を過ごすことができなくなります。

筆者も一時期看護師の女性と付き合っていた際、なかなか会う時間が作れませんでした(スケジュール帳を初めて見せてもらった際は読み方が全くわからなかったです)。そういった状況だとなかなか遠出をしたり、ゆっくりと時間を過ごすことができない為、一ヶ月以上会えないということも。看護師との恋愛はこのような難しさがあることも知っておきましょう。

2-2.稼ぎ頭になる可能性が

女性
看護師はモテると聞きましたが、チヤホヤしてくるのはヒモ系ばかりで、育ちの良さそうな人は寄って来ません。
女性
私の病院時代は主任や師長の旦那さんが主夫してましたよ。奥さんサイドが忙しいし、「家に帰って家事なんかやってらんない!」って言ってました。

看護師は年収が比較的高いというイメージが強く、また責任の大きな仕事をしていることもあって頼り甲斐があると見られることが多いようです。その為ヒモ志向の強い男性にモテたり、多忙な生活の為結婚相手となる夫に家事の手伝いをお願いしないといけないことも。

看護師が結婚相手となる男性は、看護師との生活においては夫側が支えないといけない場面があることも考えておきましょう。

③看護師の悩み解決法

看護師の出会い・結婚に関する悩みについてわかったところで、次にその解決法について検証してみましょう。

生活に合わせて職場を選ぶ

女性
私の看護師の友人2人が、看護師専門の転職サイトを利用して過去に転職しました。(中略)独身で総合病院勤務時代は、大変ながらも、仕事自体に大きなやりがいを感じていたようですが、結婚・出産を境に人生の価値観とまではいかないと思いますが、時間や労力を使わなければいけない所が変わったというか、経済面や諸々考えて仕事はしたいけど、どうしても家庭や子育てにも時間と労力をかけなければいけないので、転職した感じです。
女性
今年の年度末、結婚で家事の時間も増やしたいためそれまで勤めていた病院を退職しました。それから2ヶ月くらいは家事に専念していたのですが、現在は仕事と家事が両立できるような職場で再就職をしたいと考えています。

看護師という職業は病院によってその大変さは異なり、結婚を機に働き方を見直す方も多くなっています。結婚生活の悩みとしてよく挙げられる「夫婦の生活のすれ違い」を解消する為にも、家事・育児の時間を取ることができるよう柔軟に働ける職場への転職は一つの手段となります。

しかし、転職先が本当に働きやすい場所なのかどうかは事前にしっかりと調べておかないといけません。看護師専門の転職サイトをチェック・活用して、転職先を探すようにしましょう。

恋活・婚活アプリを利用する

女性
3歳歳下の彼氏がいてもうすぐ1ヶ月です。お互い社会人です。出会いのきっかけは最近流行りの婚活アプリで、彼は初対面から私に一目惚れをしたとのことで(どこにでもいるような見た目です)すぐ告白をされました
女性
29歳看護師です。最近周りの友達がどんどん結婚していくのに自分は出会いすらほとんどなくて、真剣に婚活しようか悩んでいます。仕事上勤務時間も休みもまちまちなのでネットとか婚活アプリがいいんじゃないかと友達には勧められました。

看護師のみなさんがなかなか出会いの場を得られない理由の一つとして「時間が取れない」というところにありました。ですので、時間を上手く使いつつ出会いを得る場として恋活・婚活アプリが人気のようです。

上述したように、看護師の場合は交際・結婚するにあたっては相手の条件もしっかりと見極めつつ検討したいところ。結婚を前提に考えるなら会員数も多く、真剣な出会いを求めている方の多いマッチドットコムのようなサービスが良いでしょう。

恋活目的ならペアーズもオススメ

マッチドットコムは結婚を前提に考えている方が多いですが、婚活目的というよりはまず恋活、という方はペアーズがオススメです。国内最大の会員数のマッチングサービスですので安心感も強く、またコミュニティも充実しているので趣味が会う異性を探したい方には特に使いやすいアプリと言えるでしょう。

ここまで看護師の出会い・結婚の悩みとその解決法についてチェックしてきました。看護師はその多忙さ故に大変な部分もありますが、幸せな出会いゲットできるように本記事が参考になれば幸いです。

 

 

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*