東大生がゼクシィ恋結びを口コミ・評判から徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

多くのマッチングサービスが乱立する中で、リクナビやSUUMO・ホットペッパーなどで有名なリクルートもこの領域でサービスを展開しています。その名も「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィといえば日本最大の結婚準備総合サイト、つまりは「結婚」を最終的なゴールにおいたマッチングサービスとしてゼクシィ恋結びを運営しているようです。

リクルート運営という安心感があるものの、実際にこのサービスを通して異性と出会うことができるのか、多くの方が気になっているでしょう。そこで、実際にゼクシィ恋結びを利用したこともある東大卒の筆者が、YAHOO!知恵袋等に寄せられた多くの口コミ・評判をもとにこのサービスを分析・検証しました。

ぜひこの記事を参考にゼクシィ恋結びを利用することで得られるメリット・デメリット、そして自分がこのサービスを利用すべきか否かについて考えて頂ければと思います。

♡この記事でわかること♡

①ゼクシィ恋結びの魅力・メリット

②ゼクシィ恋結びへの不安・デメリット

③ゼクシィ恋結びに登録すべき人物像

④60秒でわかるゼクシィ恋結び登録法

⑤「ゼクシィ縁結び」との違いは?

ゼクシィ恋結びの魅力とは?

1-1.「リクルート」運営という信頼感

男性
サクラがいないかどうかなんて、分かりません。しかしながら月極めの大手なら普通に出会えます。リクルートの恋結びや、ペアーズタップル等で、有料会員ならば、ほぼサクラはいません。

ゼクシィ恋結びを運営しているのはリクルートグループ、その名前を知らない方はいないであろう有名企業です。「ゼクシィ」も高い認知度を誇っているサービスであるため、その名を冠したマッチングサービスへのユーザーからの信頼度も自然と高いものになります。

特に、女性にとって「ゼクシィ」とは結婚を意味する一つの憧れ。後述する女性会員の多さはゼクシィというサービスへの信頼感があってこそのものと言えます。

1-2.年齢層が若い・男女のバランスが良い

ゼクシィ恋結びの特徴としては、若い年代のユーザーが多いことが挙げられます。公式サイトによると20代利用者が70%以上を占めています。

また、会員の男女比は6:4とかなりバランスが良いのも特徴の一つ。他のサービスでは約8割が男性会員で占められている、というパターンもありなかなか出会えないこともあるので、ゼクシィ恋結びの男女比は大きな魅力の一つということができるでしょう。

1-3.Facebookアカウントが必須

ゼクシィ恋結びはFacebookアカウントでの登録・ログインが必要であるため、Facebookのアカウント(友達10人以上)を持っていることが利用の条件ということができます。

Facebookアカウントを利用するということで、やや個人情報の悪用の心配などを感じるかもしれませんが、このシステムを採用しているからこそ業者・サクラの存在を排すことができると言えます。また、Facebook上の友達は表示されないシステムとなっているため、友達に利用を知られる心配はありません。

リクルートが運営しているからこそ、安心・安全を担保する仕組みは細かく整備されているようです。

監視体制も充実

ゼクシィ恋結びでは年齢確認が必須な上、監視体制も24時間365日にわたって整えられている為、たとえ怪しいユーザーがいたとしても通報の措置をとることで即座の対応を期待することができます。ユーザーにとっては大きな安心感に繋がると言って良いでしょう。

ゼクシィ恋結びの不安なところ・デメリット

2-1.あくまで「恋活」サービス

女性
縁結びと恋結びって繋がってるんですか?やり取りしてる方の中にアプリ(縁結びにはアプリないですよね)という言葉が出て来たり、登録した目的はお相手探しですか?友達探しですか?と聞かれたり、婚活としてる縁結びではなく気軽な恋結びの利用者なのかな?恋結びと勘違いしてるのかな?と感じることがあります。

「ゼクシィ」とサービス名についていることもあり、結婚を意識した男女が集っているのかと思われがちのゼクシィ恋結びですが、婚活目的でいうと姉妹サービスの「ゼクシィ縁結び」が存在しており、ゼクシィ恋結びはあくまで恋活を支援するサービス。婚活サービスとして期待するならばふさわしくないと言えます。

もしも結婚を前提にしたマッチングサービスを期待しているなら、上述した姉妹サービス「ゼクシィ縁結び」を利用するのが良いでしょう。下記の検証記事もご覧ください。

2-2.メッセージのやり取りをするためには課金が必要

多くのマッチングサービス同様に、ゼクシィ恋結びも男性がメッセージを送信できるようになる為には有料課金が必要となります。さらに、女性側も「本人確認手数料」として108円(アプリの場合は120円)が必要となります。

女性の場合他のマッチングサービスでは課金を求められる場面は多くないため、108円とはいえ課金が求められることには抵抗感を覚える方もいるでしょう。

ゼクシィ恋結びに登録すべき人物像

ここまでゼクシィ恋結びに関する口コミ・評判に関してチェックしてきました。検証を通して見えてきた、「ゼクシィ恋結びに登録すべき人物像」は下記のような方達です。

安心感のあるマッチングサービスを利用したい方

女性
ゼクシィ恋結びっていいんでしょうか?ゼクシィだし安心感があるかな?って思うんですが

リクルート運営の安心感のあるサービスであるゼクシィ恋結び。他のサービスに比べると運営元の信頼度の高さは随一ということができます。

マッチングサービスは怪しいユーザーがいる可能性も拭いきれず、その利用を躊躇っている方もいることと思います。そういった方は、業界でも特に安全・監視体制が整っているゼクシィ恋結びを利用しましょう。

男女比のバランスの取れたマッチングサービスを利用したい方

多くのマッチングサービスは女性の割合が少なく、一人の女性に対する男性からのいいね・メッセージの数が多くなってしまう傾向にあります。しかし、男女比率が6:4と拮抗しているゼクシィ恋結びの場合はそういった状況は起こりにくいと言えます。

男性にとっては女性とメッセージのやり取りが続く可能性が高くなり、女性にとっては本当に自分に興味を持ってくれている男性とのやり取りに集中できる為、男女比のバランスが取れているサービスを求めている方は多いでしょう。そういった方にとってゼクシィ恋結びはうってつけのサービスと言えます。

③’こんな人には向いてないかも?

一方で、下記のような方々はゼクシィ恋結びの利用に向いていないということができます。

婚活目的でゼクシィ恋結びの利用を検討している方

女性
最近人気なのがゼクシィ縁結びではないでしょうか。無料会員でも結構できることが多いので、お試しから利用できるのがオススメです。ゼクシィという大手の結婚関連企業がやっているサービスなので結構いいとおもいます。

婚活目的でゼクシィ恋結びを使っている方は、姉妹サービスの「ゼクシィ縁結び」の方が向いているでしょう。同じリクルート運営のこのサービスでは結婚を前提とした相手探しをしている男女が登録しており、恋結びよりも年齢層はやや高めとなっています。

恋結びと縁結び、どちらが良い自分の目的に合っているかを考えて登録すると良いでしょう。

1円でも課金したくない女性

先述したように、ゼクシィ恋結びでは全機能を利用する為には初回に限り108円の課金が必要となります。

決して大きな金額ではないものの、ここに面倒くささや不快感を覚える方は他のマッチングサービスを利用した方が良いでしょう。例えばペアーズの場合は、女性は完全無料でメッセージのやり取りを行うことができます。1円でも課金を行いたくない、という方にはこういったサービスの方がおすすめと言えるでしょう。

④60秒でわかるゼクシィ恋結び登録法

上記の「ゼクシィ恋結びを使うべき人物像」に当てはまった方は、実際にゼクシィ恋結びの登録方法と使い方についてチェックしていきましょう。

1.ゼクシィ恋結びの公式サイトにいく

まずは、ゼクシィ恋結びの公式サイトにとびましょう。「14秒に1人が出会う恋活サービス」というキャッチが印象的ですね。

2.Facebookで登録

Facebokのアカウントを利用して新規登録を進めます。Facebookの友達の数が10人以下だと登録できませんので、もしも10人いない場合はまだ申請を送っていない既知の友人に申請を送って条件を満たしましょう。

3.プロフィールを設定

初めに住んでいる場所とパスワードを設定した後、プロフィールを順次入力していきます。もちろん後でも入力可能ですが、時間のかかるものではないので最初に入力を済ませておきましょう。

4.年齢確認を行う

無料会員でも異性にいいねを送ることができるので、まずはいいねが返ってくるかどうかを試しつつ楽しめば良いですが、実際にメッセージのやり取りを行おうとすると男女ともに年齢確認が必要となります。

運転免許証や保険証、パスワードといった公的証明書の写真を利用する必要があるため、やや不安を覚える方も多いと思いますが、リクルートほどの大企業が個人情報の悪用を行うことは万に一つもありえません。また、必要な部分以外は塗りつぶして提出する形になりますので、安心して進めましょう。

※筆者はリクルートと仕事上関わったことがあるのでわかるのですが、リクルートのように個人情報を扱ったサービスを多数展開している会社では、一つの漏洩が全サービスの信頼低下に直結します。ですので、個人情報の取り扱いは部署・人も制限され、最重要の情報として管理されています。

5.活用したい「条件検索」と「つながり検索」

ゼクシィ恋結びは登録者数も膨大であるため、検索方法を工夫して異性を探す必要があります。その際に活用したいのが「条件検索」と「つながり検索」。

条件検索

「条件検索」では年代や居住地・体型、最終ログイン日などの詳細条件を設定して絞り込み検索を行うことができます。

つながり検索

つながり検索では、自分の現在地からの距離が近い人を割り出し、検索してくれるものです。距離の近さだけでなく、プロフィールで記載した趣味や結婚観などが近しい異性を表示してくれます。

距離は5・25・50kmから選択することができるので、自分の活動範囲に合わせて設定しましょう。

つながり検索では詳細にタイプを絞っているわけではないので、自分のタイプではない異性が表示される場合も。その場合は「ごめんね」ボタンを押しましょう。自分の好みの異性だった場合は「気になる」ボタンを押すと相手にアピールすることができます。

 

ここまで、多くの口コミ・評判を通してゼクシィ恋結びの口コミを検証してきました。このサービスを利用するのに向いている人・そうでない人それぞれいますが、リクルート運営のサービスということもありその信頼度はかなり高いと言えます。安心して「恋活」に取り組みたい方にはオススメと言えるでしょう。

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*