パパ活リアル #5 夫がいながら…クミの8年続いたパパ活が終わった理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

「パパ活リアル」企画では、実際にパパ活をしていた・今もしている女性にインタビューをし、パパ活の本当にリアルなあり方について調査を進めていきます。

パパ活リアル#4では、「パパ活なんて割り切ってなんぼ」と口にしながらも、実際には割り切れない想いや、周囲からの目線に悩みを抱えていたヨウコさんをインタビューしました。

一方、今回インタビューしたクミさんの場合は、夫を持つ妻として過ごす一方で、8年もの間パパ活を続けてきていました。一体どんな形でパパと接していたのか、またなぜその関係は終わってしまったのか…インタビューしました。

年の離れたパパとのミステリアスな関係

私、8年同じパパと続いていたんですけど、相手の具体的な年齢とかプロフィール的なものって最後までよく知らなかったんですよ(笑)。なんの話ししてたんだって話なんですけど(笑)。あ、でも職業は知ってしました、歯科医院を経営していたらしいです。性格は結構ハッキリした人で悪い人じゃないんですけど…基本エロジジイ。割とロマンチストで、夢見がちな側面もありましたね。あと、ちょっと強引というか、私のために何かしたい、という気持ちはありがたいんですけど…ありがた迷惑的なとこも多かったです。

なので、彼との距離を私としては近づけたかったというわけではなく、それもあってあまり詳しいことを知りたいとも思わなかったんですよ。年齢もはっきりとは知らなくて、多分60歳から70歳の間くらいだと思います。「これからこういうことをしていきたい〜」みたいな意欲も強くて、精力的な?感じ。ただ毎回言ってること違いましたけど(笑)。

8年のパパ活

結局8年ほどパパ活を続けていたんですが、安定して月に20万貰えていたので生活は楽でしたね、間違いなく。最初の頃は都度手当で3万からだったのですが、相手が私に惚れ込むようになり、私の恋人のような気分になっていたらしく生活費として困らないだけのお金をあげたい…と最終的に20万ほどくれるようになっていました。

誕生日、クリスマス、ホワイトデーでは可愛く鞄なんかをおねだりして欲しいものを買ってもらっていました。肉体関係はそんなに頻度が高くはなかったのでなんとかなりましたが、年々勃起しなくなっていたので、勃たせるのが大変で、しかも中々イカないので大変でした(笑)。2時間たっても終わらないのはちょっと…。

また、旅行に行きたがったのでそれを断るのも大変でした。プライベートな時間を大切にしたいタイプなので、会ってない時に電話したいと言われるのもいやで、それを相手に気分悪くさせずに断るのって結構難しいんですよね。お年を召した人だったので、同じ話を何度もするのでその度新鮮な反応をしないといけないのもきつかったです。あんまり楽しい時間というわけではなかったですね…。

パパ活=楽しい、ではないが…

パパとはよく焼肉を食べに叙々苑に行っていました。回らないお寿司やしゃぶしゃぶ、ジュエルロブションでフレンチを食べたりしましたが、なるべく外で一緒に歩いている所をみられたくなかったので、食事は個室のある所以外は行きませんでしたし、デートもほとんど行きませんでした

プレゼントは大体ケイトスペード、ミュウミュウ、カルティエ、SEIKOのLUKIAの時計、ジェラピケのパジャマを貰っていました。わかりやすいハイブランドは避けていました。たまに家賃なんか払って貰ったり、友達と旅行に行く時には遊ぶお金を月のお手当とは別で餞別でもらっていました。楽しい時間ばかりではなかったですけれど、お金という意味では助かりましたね。

突然の終わり

パパとの関係が終わった理由ですか?夫にばれたっぽいからです(笑)。夫ははっきり知ってるとは言わないけど、私の知らない裏で色々根回しをされたみたいで、気付いた時にはパパとは連絡がとれなくなっていました。直接パパの家までいけば逢えそうな気もするけど、妊娠した事もあり、もうこれはおしまいかなーと思ってパパとは縁を切りました。

確実に夫にバレたせいかどうか、でいうとちょっとわからないんですが、、でも、会話の中でもそれとなくなんでブランド小物をそんな持ててるの?とかいろいろ勘ぐられていたので、怪しまれていたんでしょうね。どっちかというと子供欲しくて結婚した夫なので、お互いの関心が少なめなんです、うち。だから大きな問題にならなかったですけど…世の奥様はお気をつけください(笑)。

全くパパ活を楽しくは思っていないクミ

クミさんの場合は、60歳を超える男性とパパ活契約を結んでおり、金銭的見返り以外のところではあまり楽しさを覚えてはいなかったようです。加えて、終わりは突然に…。夫がいながらパパ活を行っている方は世に結構いるようですが、夫の事を考えた時に、本当にそれで良いのか、自問自答する時間は必要かもですね。

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*