パパ活リアル #3 スナックのお客さんがパパになったユイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

「パパ活リアル」企画では、実際にパパ活をしていた・今もしている女性にインタビューをし、パパ活の本当にリアルなあり方について調査を進めていきます。

パパ活リアル#2では肉体関係はあっても、アルバイト感覚でパパと付き合ってきたミキさんのインタビューでしたが…今回インタビューしたユイさんの場合はそれとは違った形のパパ活に勤しんでいます。

スナックのお客さんがパパに

パパと出会ったのはスナックでアルバイトをしているときです。最初は、お店のお客様として私が入る日に来店してくれていました。しかし、彼は実際はお酒を飲めない体質だったようで…私のことを気に入ってくれて、無理してきてくれていたみたいです (笑)。だったらノンアルドリンクを飲めばいいのに、かっこつけたがりですね(笑)

パパとは、しばらく同伴やアフターをさせてもらっていましたが、正直アフターって結構辛くて。。私にとってアルバイト終わりの付き合いは疲れてるし、眠たくなってくるしでほんとに大変でした。

何気ない会話から、お店で会って飲めないお酒にお金を使うよりも、個人的に彼氏のような感覚で会えたら嬉しい、きちんとバイト代としての報酬もだすからと提案されました。特に体の関係も要求されず、そこは犯罪になるから出来ないと最初にクギをさしておきましたが、提案自体は私からしてもありがたかったので、そのままパパ活を始めた形です。

パパは、ただ女性と癒しの時間を過ごしたいだけだったみたいですし、ある種非常にやりやすい相手ですね、ガッついてこないし。理想的なパパと偶然にも出会えて、アルバイトもほとんどしなくて済むようになったので助かりました。

パパはどんな感じの人?

パパは…うーん、一言でいうと昔気質の職人さん、って感じです。職業は建設会社の社長さんをされているらしく、どちらかというとガテン系の感じの人ですね。男気のある、曲がった事が大嫌い!という感じの人で、女性を大事にしてくれるので、スナックのママも「いいお客さんだよね〜」と言ってました。

あ、でも顔はそこまでかっこよくないです(笑)。まあもう年齢も65歳くらいらしいので、かっこいいどうこうというよりは…という感じですけど(笑)。スナックによく来てたのは、バツイチ独身で女性と交流する機会がなかったからだそうです。多分、寂しいんでしょうね。

パパ活の条件・お小遣いは?

正直私の場合はスナックのアルバイトの延長線上の感じなので、それほどたくさんお小遣いを頂いているわけではないです。実際、月にもらってるお金でいうと2~3万くらいです。もしくは、プレゼントを買ってもらってます。私としても昼に事務職もやっているので、その給料の足しになれば良いかなーくらいなんですよね。

多分お願いすればもっとお小遣いをくれるとは思うんですけど、そうなってくると何かあったと時に怖いかな…とかも思っちゃうので、今はこれで良いかなと。

でも、会う頻度は結構多いです、週に2、3回くらいは会いますね。そこで美味しいご飯をご馳走してもらってるので、全然それだけでありがたいです(笑)。

パパ活の良いとこは「美味しいものを食べる」こと

パパと行くお店は、ほとんどが高級な日本料理店でした。彼自身が和食が好きらしく、お寿司屋さん(回らないやつ)や料亭が主で、私世代では行く機会のないお店ばかりで、毎回緊張しながらお料理を頂いていました。

やはり、おいしいものばかり口にしている方は、高級なお店をたくさん知っているだな〜と、毎回楽しみにしていました。後で食べログで調べて価格帯を見てびっくりします。いつも会計を見せないで支払ってくれるので…。

基本的にパパと会うのは、パパのお仕事がら終わってからでしたので、食事だけの付き合いがメインでした。多分、彼としても美味しいものを食べるのが好きだけど、一緒に行ってくれる人がいないのが寂しかったんでしょうね。私も食べること好きなので、ありがたい限りです。

年代の違いはどうしても…

誕生日プレゼントにはクルージングでのディナーに連れて行ってもらいました。初めてのクルージングでしたけどすごく楽しくて、また誕生日をしっかりと祝ってもらう機会も少ない身ですから、単純にとても嬉しかったです。

なので、基本的にパパへの不満は特にはないんですけれど…一度、彼がある歌手が大好きだったのでディナーショーにも連れて行ってもらったことがあるんです。そこで登場した歌手がパパ世代ではヒーロー的存在だったらしく、大興奮していたんですが、私からしたら全くわからないし興味もなかったもので、全くノれませんでした(笑)。

ある種全く違う世界を見れたような感じですし全然良いんですけど、すぐには慣れないですね、やっぱり(笑)。

スナックのお客さん – バイトの関係からスタート。ウィンウィンのバランス感覚が重要?

ユイさんの場合、パパ活の目的が必ずしも「お小遣いをたくさん稼ぐ」ではなかったため、ガッつき感の少ないパパと出会い、安定した関係を築けたようですね。実際、バツイチの会社社長さんは、仕事が忙しくある程度お金に余裕がある一方で、なかなか一緒に食事を楽しめる相手もいないのでしょうね…。

パパにとっても、ユイさんにとっても、お互いの存在がとてもありがたい、意味のあるものになっているのが非常に印象的でした。他にも色々な方にインタビューを行っていましたが、ユイさんのケースは「安定したパパ活」の代表例なように思います。

 

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*