パパ活リアル #1 就職面接とパパ活契約 〜専門学生サエコと阿部寛似社長の穏やかな時間〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

最近何かと話題になり始めた「パパ活」。女子大生〜20代の女性を中心に「手軽にお小遣いを稼ぐ」手段として認知度は大きく上がってきています。

とはいえ、

「食事だけで何十万円もお小遣いをもらえるって本当??」

「無理やり体の関係に持ち込まれそうで怖い…」

という不安も一方であります。

そこで、「パパ活リアル」企画では実際にパパ活をしていた、もしくは今もしている女性にインタビューしその実態に迫っていきます。第一回は、静岡県から上京して医療系の専門学校に通うサエコさんにお話を伺いました。

サエコと阿部寛似の社長

元々、私とパパとの出会いは私がパパの会社に事務のアルバイトで入った事が始まりでした。

私は地方出身という事もあってパパと知り合った当時はまだこちらに上京して数ヶ月しか経っていなかった事もあって友人や知人等がほぼいない状態でしたしやはり初めて住んだ場所という事もあって心にも余裕がありませんでした。私は将来の夢の為にこの専門学校に入学しましたし、親が片親という事もあって学費や生活費を自分で工面しなければいけなかったのでパパの会社の求人に応募しました。

パパの会社はそれほど大きな会社な訳ではないの、面接官は社長であるパパでした。初めて見た時の印象は「この人イケメンだけどパグ犬みたいで可愛いw」って感じでした(笑)。
実際に話してみても、すごく物腰が柔らかくて、社長だからといって偉ぶったところもなく人間的にも好きになりました。その面接の時に、私の雰囲気を気に入ってくれたのか、採用とパパ契約を同時に行いました

パパは現在52歳で、職業は自営で運送会社を経営しています、それほど大きな会社ではないですけれど、20人程の社員さんを抱えています。
見た目は俳優の阿部寛さんにそっくりで背が高くて男性なのにお目目がクリクリしていますが全体的に濃いですね。「よくハーフに間違えられる(笑)」って言ってます。
運送業の社長といっても、ガサツで乱暴なんてことは全くなく、私だけじゃなく会社の男性従業員や他の女性にも優しいので怒った所を見た事がありません。社内の雰囲気もとてもいいです。

パパ活の条件・お小遣いは?

パパは毎月10万円のお小遣いが私の口座に決まった日時にきちんと振り込んでくれます。パパは奥さんと子供もいるので、パパの家庭に影響を与えない程度を考えて、二人きりで会うのは一週間に一度程度です。パパとの関係は現在で6ヶ月ですが今のところはパパが求めてこないので、肉体関係はありません

普段のアルバイトでもほぼ毎日会えますしパパと知り合ってからはパパ経由で色々な人を紹介してもらってこちらでの知人や友人も出来ました。個人的にはこれが一番ありがたかったです(笑)。正直、パパ活をしようと思っていたわけではなく、多分もっといろいろなパパとの関係がある人なら月10万円どころじゃないお金をもらっていると思うんですけど、正直普通に暮らす分には10万円はとてもありがたいです。

あ、でもデート中に私が気に入ったナッグや服なんかはニコニコして買ってくれるので、そうい部分も考えるともっと助けてもらってますね。

パパとの時間ってどう?楽しい?

やはりパパは自分で起業して会社を地道に大きくしてきた人なので、毎回のデートの度に私の年齢・収入では絶対に行けないような大人な場所をチョイスしてくれています。

また、私との年齢差が30歳以上あるのにも関わらず、私のパパになってからは私年代のマストアイテムや流行りの服などを一生懸命調べてくれて私の話についてきてくれます。ネットで女性向けメディアを見たり、コンビニで女性雑誌を立ち読みしたりもするらしいです(笑)。そんな部分もすごく可愛いんですよね。

でも、逆に私もパパがたまにですが立派な大人の男性に見える時もあって。そういう時はやっぱり「ああ、大人なんだな。かっこいいな…」って素直に思います。
また6ヶ月も経つのに体を求めて来なかった男性もパパが初めてでそれが1番びっくりしています。普通に男の子と付き合っても、やっぱろ数ヶ月もしたらそういうの求めてくるじゃないですか。お小遣いを頂いている身だし、正直求められても仕方ないかなと思っているんですけど…。

でも、たまにですがあまりにも幸せ過ぎて怖くなる時があります。とてもいい関係性を築けているのは嬉しいですけれど、いつか終わりがくるんじゃないかなって…いつまで続くかは判りませんがこの状態が今はずっと続いて欲しいといつも願っています。

派手じゃないパパ活。だからこその幸せ?

サエコさんの場合は、元々パパを探していたわけじゃなく、たまたま面接で気に入られてパパ活が始まりました。お小遣いもパパからの申し出で出してくれることになったのとのこで、ある種「ガツガツ」していないサエコさんの考え方がパパにとって魅力的だったのでしょう。

一方でご本人も言っていたように、体の関係はないとはいえ社内でパパ活関係にあることが他の社員さんやご家族にバレたら、サエコさんにとってもパパにとっても不幸につながります。まだ半年ほどの関係とのことでしたが、今後どのように関係性が変化するのか、編集部でも引き続きお話を伺っていきたいと思います。

 

 

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*