必見!リクルート女子で最も合コン向きなのはリクルート◯◯!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMAX登録特典

リクルートといえば就職・転職、不動産、飲食、美容…と様々な分野で広告事業を展開している大手企業。50年を超える歴史を持つ企業である一方で、新規事業への積極的な投資やワークライフバランスの充実を目指すなど、ベンッチャースピリットも持っています。転職・起業する社員も多いため若い人材が多く、また女性が活躍しやすい環境としても有名です。

そんなリクルートはジャンルごとにカンパニーが分かれており、それぞれ人材に特徴があります。筆者はリクルートに勤めた経験の中で、働く人間がそれぞれどれだけ違うかをよく知っています。そこで、今回「合コンするならリクルート◯◯?」を題してそれぞれのカンパニー女子の特徴を検証したいと思います。

♡この記事でわかること♡

①リクルート女子全般の特徴

②野生のリクルート女子出没エリア

③合コンすべきリクルートのカンパニーTop5

①リクルート女子全般の特徴

まずはじめに、リクルート女子に全般的に当てはまる特徴をご紹介します。あくまで傾向なので全員に当てはまるわけではないものの、下記の要素を持った子はかなり多いと言えます。

遊びとガチ恋愛を切り分けている

リクルート女子、特に総合職の方はャリアと結婚・恋愛観を非常に深く考えているケースが多くなっています。学生時代も充実した生活を送った一方で、社会人となったら結婚を視野に入れて恋愛に向き合っています。

合コンは合コンで楽しむ一方で、実際は彼氏と非常に仲良くしているケースも多いので、男性側としても翻弄されないように気をつけましょう。

男勝りな部分が目立つが、女性的な部分も

リクルート女子は学生時代に学生団体で活動していた、海外留学をしていた…など何かしらの活動をしている方も多く、仕事においても高い志を持っている子が多くなっています。ですので、「男を立てる」という感じよりも喧々諤々と議論を戦わせる方が好き!という子も…。

しかし、実際リクルートはスキルの意味でもスタンスの意味でも常に成長を求められ、決して楽な職場ではありません。ですので気丈に見えても意外に疲れている、無理をしている場合も多いので紳士的に優しく接すると好感を持たれるかも。

※総合職に多い傾向です。

トーク力◎

リクルート女子は全般的にトークスキルが高く、口下手なタイプは少ないです(Web人材だとちょっと別ですが)。出身大学が早慶・MARCH・関関同立といった私立大学が多いこともあり、男性とのコミュニケーションもサークル活動を通してかなり高くなっています。

これは総合職・アシスタント共に言えること。特にアシスタントは別の業種から転職してくるパターンが多く、飲み会で男性上司を立てるスキルを知っているので、彼女らとの合コンは間違いなく楽しいです。ただし、私が勤務していた際、アシスタント5人中4人が彼氏持ち、一人が既婚でした(全員20代)。そもそもが割とモテる人材であることは認識しておきましょう。

②野生のリクルート女子出没エリア

合コンとはやや話がずれますが、リクルート女子はお酒が好きな子も多く、よく勤務地近くの銀座・有楽町周辺での飲んでいることが多いです。ですので、下記の場所でナンパや声かけをするとリクルート女子に出会う確率も高いと言えます。

コリドー街

コリドー街はリクルートスタッフィングの勤務地がすぐ近くにあるほか、本社が入っている東京駅八重洲のサウスタワーからもそう遠くなく、リクルート関係の社員がよく飲んでいることで有名です(商社等も多いですが)。

女性陣もお酒をよく飲む方が多いリクルート、二次会がてらナンパ待ちでぶらぶら歩いていることも多いのでもしかしたらスナッパー&グルーパーで出会ったりも….?

コリドー街については下記の記事もご覧ください。

イニングダーツバー Bee 有楽町店

こちらもリクルート御用達、「イニングダーツバー Bee 有楽町店」。とりあえず二次会はここ、と思っているリクルート社員は非常に多く、ダーで遊ぶついでにリクルート女子を物色してみると良いかも。「あなたのWillは何なの?(=あなたは何がしたいの?)」などの意味不明な会話をしていれば100%リクルート女子です。

イニングダーツバー Bee 有楽町店」については下記の記事もご覧ください。

③合コンすべきリクルートのカンパニーTop5

5位:リクルートホールディングス

第5位はリクルートホールディングス。ホールディングスに関しては学生時代からWebに精通した人材や起業を経験した人材が採用されます。女性にに関してもかなり志の高いタイプが多く、話をしていて特に圧倒されるのはここに勤めている子かもしれません。

ぶっちゃけて言うと合コンで出会う確率はかなり低いと言えますし、Web人材も合わせると「男、興味ありません」スタンスの子もいるので、会えたら単純にレア・ラッキーと思ってみると良いかもしれません。

4位:リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングはコリドー街のすぐ近くに勤務地があり、周辺で出会う可能性も高いカンパニー。他のカンパニーに比べるとやや知名度が劣りますが、それほど独立志向の高い方が多くない・女性管理職の割合が高いという特徴を持っています。

他のカンパニーでは「独立したい」「成長したい」というギラギラ感の強い子も多いですが、スタッフィングの子に関してはその向きが弱いため、あまり肩肘張らずに仕事の話含めてできるといえます。

3位:リクルートキャリア

リクルートキャリアは「ザ・リクルート」と言える人材系のカンパニー。営業の業務量も多く、男女ともに気持ちが強く、体育会系的なノリを持っています。

就活生の中にはリクルートのカンパニーの面接・インターンをそれぞれ全て受ける方も多いですが、そういった子にリクルートキャリアの女性社員の特徴を聞くと

  • 気が強い・指摘が厳しい
  • 美人・可愛い人が多い

との声多数。人材系の広告業ともなると業務量も多く、その中で活躍されている子はかなりのキャリアウーマン。とはいえリクルートらしく美人も多いと評判なので、合コンで出会えたら期待して良いかも (人数も多いのでピンキリではありますが)。

2位:リクルート住まいカンパニー

「SUUMO」でおなじみのリクルート住まいカンパニー、不動産広告を扱っているということもあり「誠実な人」が多いと言われることが多い会社。また、リモートワークの推進等々働きやすさ改革に積極的なため就活市場でも人気を博しています。

ただ、誠実な人が多いとはありますが、男女ともに「遊び人」と「真面目な人」とがはっきりと分かれており、特に早稲田・慶応出身の女の子達はかなり奔放に遊んでいます。一方でしっかりと彼氏持ちの子も多くしたたかな面が目立つので、合コン後の動きには気をつけましょう (住まいには友人が多いので詳しいのですが、女子は合コン募集・感想共有LINEのグループを作っています。)。

合コン慣れしている分、楽しさは折り紙付きです。

1位: リクルートライフスタイル

一位にあげさせてもらったのはリクルートライフスタイル、あの「ホットペッパービューティ」を運営している最もキラキラ系女子の多いカンパニです。

ホットペッパービューティサービス関連の部署で勤めている社員はほとんどが女性、もちろんピンキリではあるもののかなりおしゃれに気を使った方が多くなっています。美人・可愛い子が多いので、一度合コンで相手を楽しませることができればその後再度また別メンバーでの開催も期待できそうです。

ただ、一番にあげさせてもらった最も大きな理由は、筆者が実際に合コンした際に可愛い子が多かったからに他なりません。

 

総合的に見て、リクルートの女子は可愛い子・喋れる子が多く、合コン相手として「アタリ」といえます。上記ランクングがかなり主観に寄っていますので、皆さんはぜひ自分なりのランキングを作ってみてください!まだここにない出会い!

スタートダッシュ特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*